トップページ > オプションプラン > メールセキュリティプラス

メールセキュリティプラス

Webメールモバイルプラス

その他オプション一覧

データバックアッププラス

SSLサーバ証明書

サイボウズ メールワイズ 4 for SaaS

withメールワイズ

オプションプラン詳細

メールセキュリティプラス

本格的なビジネスにも対応するハイエンドプラン

メールセキュリティプラスは、 お客さまが BizLink のホスティングサーバを経由して送受信する電子メールについて、BizLink データセンタ内に設置したメールチェックゲートウェイでウイルス検知・駆除を行うことにより、安心して電子メールの受信を行うことを可能とするものです。ウイルス感染経路の約9割を占めると言われる電子メールからのウイルス侵入を高いレベルで防御することが可能となり、より安全に電子メールの送受信を行うことが可能となります。
また、最近問題となっている迷惑(スパム)メールもさまざまなフィルタ技術を用いることでより正確に判定することが可能です。迷惑(スパム)メール判定機能を利用することにより、無用なメールを排除することができ業務に集中することができます。

ウイルスメールの場合

メール受信時のウイルス検出アクション

メール受信時のウイルス検出アクションイメージ

メールの中にウイルスを発見すると、そのメールを受け取りません。その時、ウイルスメールを受信しようとした内容を受信者へ警告メールとして送信します。

リアルタイム解析

メール送信時のウイルス検出アクションイメージ

ウイルスメールを発見するとウイルスメールを削除し、ウイルスメールを削除したことを送信者へ警告メールとして送信します。

リアルタイム解析

未知のウイルスと思われるメールを受信した場合、そのメールを隔離し8時間後に再度チェックします。同時にウイルスの可能性が高いメールを受信して隔離したことを受信者へ通知します。

ウイルスでない場合
8時間後の再チェックでウイルスでないことが判明した場合、メールを受信者へ配信します。

未知のウイルス受信時のアクションイメージ1

ウイルスの場合
8時間後にウイルスであることが判明した場合、ウイルスを削除し受信者へウイルスメールを削除したことを通知します。

未知のウイルス受信時のアクションイメージ2

迷惑(スパム)メールの判定

メール受信時の迷惑メール判定アクション

迷惑メールをメールソフトで振り分け!
迷惑(スパム)メールと判定された場合、メールの題名(subject)に[SPAM??]の文字を挿入し、配送します。お客様のパソコンのメールソフトにて振り分けを行うことにより、迷惑(スパム)メールに煩わされることなくメールを読むことができます 。
未知のウイルス受信時のアクションイメージ2
迷惑メールを削除!
サーバの管理画面で設定すれば、迷惑(スパム)メールを削除できます。迷惑(スパム)メールを一切読みたくない場合に便利です。
未知のウイルス受信時のアクションイメージ2
迷惑メールを別アドレスへ転送!
サーバの管理画面で設定すれば、迷惑(スパム)メールを別アドレスへ転送することができます。万が一必要なメールが紛れ込んでも別アドレスで受信すれば取り出すことができます。
未知のウイルス受信時のアクションイメージ2

迷惑メールの判断基準

迷惑(スパム)メールは以下の基準により総合的に判断されます。

■DNS Block List
第三者中継を許す設定になっているサーバや迷惑(スパム)メールを送る可能性が高いサーバのリストがあり、そのリストに掲載されているメールサーバからのメールは迷惑(スパム)メールの可能性が高いと判断します。
■Token Analysis
ベイジアンフィルタの元となっているベイズ理論に基づき迷惑(スパム)メールの可能性を判断します。
 
※ベイジアンフィルタ
ベイズ推定を用いたスパムフィルタであり以下の2つを基準に学習していきます。
・過去の迷惑(スパム)メールに使われる単語の使用頻度が高いもの
・過去の迷惑(スパム)メールでないメールに使われる単語の使用頻度が高いもの
 
※本サービスは迷惑(スパム)メールを完全に判別することができないことをご了承ください。
※判定ルールはお客様毎に設定することはできません。
※スペシャルプライベート向けのメールセキュリティプラス(専用タイプ)はお客様による設定が可能です。

メールセキュリティプラス料金はこちら

ページトップへ